FC2ブログ

メキシコ個人旅行 旅日記

2008年9月27日~2008年10月6日、メキシコを旅しました。西はメキシコシティから東はカンクンまで。

2008/09/30(火) メキシコ旅行4日目 ~夜行バスに揺られて~

AM7:00頃に起床。
どうやら血は止まったようだけど、枕やシーツに血がつきまくってるよ。
ごめんなさい宿の人。
部屋に用意されていたトイレットペーパーもほぼ丸ごとひとつ使い切り、残りごくわずか。
確か宿のチェックアウトは13:00とか言っていたので、時間に余裕はある。
とりあえず薬局に行くか。
いやその前に宿のおばちゃんに消毒液が無いかを聞いてみよう。
入り口のカウンターのところまで行って耳の裏を見せ、
ちょんちょん、っと、
ピンセットで消毒液を染み込ませた綿をつまんで手当てするジェスチャーをしてみる。

するとおばちゃんは、脇に置いているトイレットペーパーを出してくる。
…いまいち通じていないようだ。
いや、通じたけど消毒液なんて気の利いたものは無いからこれでなんとかしろってことか?

どちらにせよダメだなこりゃ。
宿を後にし、インターネットカフェ(カフェじゃないか。ほんとにネットとかコピーとかするだけの店。)へ向かう。
薬局で消毒液をくれ、と言うために消毒液をスペイン語で何て言うか調べようかと。

R0024280_convert_20081019212543.jpg
日本語もちゃんと表示してくれる。
けど日本語入力はできないようだ。ソフトをインストールすればできるのかな。

英西辞書を開いて、"oxydol"と入力してみる。
No answer.だと。なに~。
R0024281_convert_20081019212702.jpg
しかたないので、とりあえずモノの画像だけ撮っておくことに。
薬局で傷口とこれを見せればなんとか伝わるっしょ。

ってわけで準備万端。ちなみにネットは30分で6ペソ(約60円)でした。やすっ!

いざ薬局へ!…と思ったけど、朝早すぎて開いてなさげだな。
せっかく海沿いの町まで来たんだから、店が開くまでちょっと海でも見に行くか。

地球の歩き方によると、中心街広場近くに来ているバスで海岸のほうまで行けるらしい。
数キロほどあるようなので、素直にバスに乗ることにする。
このバスも6ペソ(約60円)。やすっ!

そして、やってきました。海。
R0024293_convert_20081019214008.jpg
子供が遊んでいるようだ。

R0024288_convert_20081019214123.jpg
朝早いせいか、人はまばらです。

思ったほど海はきれいではなかったですね。
場合によっては海に入ろうかとも思っていたけど、
耳の傷もあるし、ここはカンクンに期待して見送りだな。

小一時間ほど海岸を歩き、再び町へ帰るためにバス乗り場へ。

バス乗り場でバスを待っていたサングラス女性に、
「ソカロ(中央広場)へのバスの乗り場はここですか?」と聞くと
”私も今から行くから一緒に行きましょう。”とのこと。

やけに流暢に英語を喋るので不思議に思って聞いてみると、
なんでも昔カナダに住んでいたことがあるらしい。
今はメキシコに住んでいて、ちょうど今から仕事に行くところだという。

こちらは日本から一人で来ていることや、東に向かって旅立つ予定であることなどを話した。
昨日の宿の一件と、薬局に行こうとしていることを話すと”案内してあげるわ。”と。

これはありがたい。
昨日ウロウロしたときに薬局を見た覚えはあるのだが、場所がうろ覚えだったのだ。
バスを降り、ついていってみるがどうやら彼女も迷い出したぞ^^;
しかしそこらへんの人にスペイン語で道を聞いてくれて、ようやく薬局に到着。
無事にオキシドールと綿をGET!
ちなみに、オキシドールはスペ語でもオキシドールらしい。

グラシャス、サングラス女性!
仕事に行くところだったのに引き止めてしまって申し訳ない。
お礼を言って別れたのだけど、戻って来てメアドを交換しましょうと言って下さる。
ええ、喜んで!日本に来たときには是非呼んでくださいよ。なかなか無いだろうけど。
そういやまだメール送ってないや。後で送っとこっと。

R0024295_convert_20081019214251.jpg
戦利品の消毒液と綿。合わせて6ペソ(約60円)。

無事に傷の消毒を終え、昼飯を食べに町の食堂へ。
R0024298_convert_20081019214406.jpg
前に立っているおじさんは店の人。めちゃカメラ目線。

R0024300_convert_20081019214518.jpg
コーラ飲み終わりかけのところでようやく来ました。

R0024301_convert_20081019221435.jpg
ベラクルス名物のワナチンゴ・ア・ラ・ベラクルサーナ。
鯛をトマト、タマネギ、白ワインなどから作られるベラクルス・ソースで煮込んだものらしい。
なかなかいけます!小形を頼んだのに腹いっぱい。
このメインディッシュが130ペソ(約1,300円)。

この時点でだいたい12:00前。
チェックアウトが13:00のはずなので、
この後水族館に行くことを考えるとホテル出ておいた方がいいな。
ってわけで、宿に戻り荷物を持ってチェックアウト。
R0024309_convert_20081019221737.jpg
さらば、ホテルアンパロ!

ここで再びバスに乗り、改めて海岸付近のエリアへ。
下車してそのままベラクルス水族館の前まで歩く。
R0024316_convert_20081019222852.jpg
ベラクルス水族館。(&写真を撮る異国人をガン見するメキシコ学生たち)

どうやらここは水族館だけにとどまらず、ゲーセンやショッピングモールも合体した複合施設のようだ。
入ってみると…
R0024320_convert_20081019223205.jpg
ワニワニパニック?

R0024324_convert_20081019223257.jpg
うぉ、スーパーストⅡだ。

R0024327_convert_20081019223917.jpg
"THE" KING OF FIGHTER"S"では?
ってか、2002かよ。

他にもNAMCOのFINAL LAPや
コナミのダンスダンスレボリューションがありました。
アーケードゲーム界での日本の強さが垣間見えますね。
メキシコ人も「昇竜拳!」とかやってんのな。スペイン語で。

目的は水族館なので、ゲーセンは写真だけ撮ってスルー。

R0024329_convert_20081019224823.jpg
ここが水族館の入り口。入場料はチケットにある通り、70ペソ(約700円)。荷物は預かってくれる。

いざ中へ!

R0024340_convert_20081019225014.jpg
カメの群れ。

R0024350_convert_20081019225314.jpg
天井を見上げるとサカナが。

R0024352_convert_20081019225445.jpg
クラゲかな。

R0024371_convert_20081019225633.jpg
トドの群れだ。

R0024375_convert_20081019225744.jpg
外の風景も一枚。

途中、友達が日本語を勉強中だというスタッフの子が、
カメの甲羅やでかい貝の現物を見せながら丁寧に説明してくれた。
説明はさすがに日本語ではなく英語だったけど。

そんなこんなで海の生物をたっぷり満喫。
さて。そろそろメリダへ向かう長距離バスに乗る時間だな。

直接バスターミナルへ行きたかったが、どうやら直行するバスはないらしい。
水族館入口の一般人に聞いてみても「タクシー、タクシー」と連呼するのみ。
タクシーは乗らないことにしていたので、無視ってバス停へ。

R0024377_convert_20081019225846.jpg
バスでいったん中心街へ帰る。

そこから、改めてバスターミナル行きに乗り換える。

少し時間に余裕があったので、ターミナルの近所をウロウロしてみる。
すると、"YAMAHA"と書かれた楽器屋を見つけた。
こんなとこにも日本企業名が。喜ばしい。

バスの出発時刻は16:00。
そろそろ近づいてきたので、長距離バスの待合室へ。
ちなみに今から乗るのが今回の旅で最長行程のバスです。
目的地メリダまで、16時間。
車中泊して明日のAM8:00に向こうに到着の予定。

R0024392_convert_20081019230019.jpg
待合室。

R0024397_convert_20081019230149.jpg
今回は目的地まで長いためか、飲み物が支給された。

いざ出発!

R0024407_convert_20081019230447.jpg
窓からの風景。

R0024412_convert_20081019230529.jpg
ほんと、「ジャングルの真ん中に道路だけ敷きました」って感じのとこをえんえん走る走る。

R0024435_convert_20081019230708.jpg
森を切り開いて牧場にしているところも幾つかあるようだ。

…次第にあたりも暗くなり、いつの間にか眠り込み…

だいたい22:00頃だろうか。
どこかについたらしい。時間から推測するに、ビジャエルモッサか。
パレンケという遺跡が比較的近いので、そこに行く場合に拠点にする町だ。
実は、当初の予定ではここで降りて1泊していく予定だった。
しかしテオティワカンで石は充分かなと思い直し、ここは飛ばすことにしたのである。

当然、降りたい客を降ろせばバスは再び出発するだろうと思っていたのだが…。
あれれ。なんか全員降りていくよ。まぁ長旅だし外に出て休憩したいんかな。
バスの中で寝ていたかったけど、しかたない俺も降りるか。

単なる休憩のわりにはみんな綺麗さっぱり荷物を持って出て行ってるなぁ。
確かに放置はまずいかなと思い、自分も倣う。

R0024446_convert_20081019234203.jpg
うむ、確かにビジャエルモッサのようだ。

R0024449_convert_20081019234324.jpg
待合室。

バスが勝手にどこか行きやしないかと見張っていたら、案の定動き始めたぞ。
あれ?おーい、どこ行くんだ!

…と思っていたら、反対側のターミナルに移動しただけだった。
どうやらここで降りる客の席を掃除して、
ここから乗る客の席とした上で出発するようだ。
まぁ考えてみればそりゃそうするか。

R0024457_convert_20081019234417.jpg
無事に同じバスへ乗り込む。

ここで、メキシコ人のイケメン君が隣の席に。
ビジャエルモッサの大学生だそうで、カンペチェへ帰省するところらしい。
英語が上手い。
メキシコではそんなにみんながみんな大学へ行くわけではないそうで、
いわばエリートだなこの兄ちゃん。
このメキシコエリートは、暗い夜行バスの中で
わずかな明かりを頼りに難しそうな本を読んでました。
尊敬するよ。

またそこからしばらく眠り、起きてみると周り一面が床上浸水状態、という町に到着していた。
対向車が蹴散らす水しぶきが半端じゃない。水深1m近いんじゃないの。
豪雨でも降ったのかね。

さっきのメキシコエリートが降りていったので、ここがカンペチェなのだろう。
彼の家が無事であることを祈る。

正確には覚えていないけど、この時点でもう0:00は過ぎていただろうな。
カンペチェ出てすぐまた寝てしまったし、続きはまた翌日分の日記で。
スポンサーサイト



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2008/09/30(火) 23:59:59|
  2. メキシコ旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008/10/01(水) メキシコ旅行5日目 ~コロニアル都市メリダ~ | ホーム | 2008/09/29(月) メキシコ旅行3日目 ~港町ベラクルス~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gatotsu1020.blog49.fc2.com/tb.php/4-36b69769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アリア丸

Author:アリア丸
メキシコシティからカンクンへ

Amazon

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード